Virtual Office

利用者の便利と満足を約束してくれる東京のバーチャルオフィス

バーチャルオフィスは起業を助ける強力なツール

バーチャルオフィスと聞くと、実体がよくわからないという印象があるかもしれません。また、ばれると信用が下がるという心配もあるかもしれません。でも今はネットでほとんどの業務ができてしまう時代です。起業や支店の開設のためわざわざ土地や建物を建てたり借りたりする必要がなくなっているのです。バーチャルオフィスで会社の住所を借りて登記ができる時代になっています。たとえ地方に住んでいてそこで業務を行っているとしても、東京にあるバーチャルオフィスで住所を借りれば、会社が東京の1等地にあることをアピールできます。電話番号も同様に借りることができます。東京に低コストで会社を設立することが可能です。自宅を登記の住所とするとプライバシーの問題や防犯上よくない影響が及ぶという場合もこの方法が有効となります。
でも得意先の人がバーチャルオフィスを訪れた場合、対応ができなくなることがあるでしょうか。いいえ、バーチャルオフィスの職員は上手に対応してくれて連絡が取れるよう引き継ぎ役になってくれます。電話転送もしてくれます。そこに届いた自社あての郵便物も即転送してくれます。バーチャルオフィスを隠す必要はありません。しっかり信用のおける取り引きを重ねて、バーチャルオフィスをポジティブにアピールしていきましょう。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いについて

バーチャルオフィスとレンタルオフィス、いずれも東京を中心に都市部で非常に盛んなサービスです。起業の際に家賃という、東京では特に高くつく固定費を抑制する方法として勧められることが多い点でも両者は似ています。しかし、サービスの内容も費用も全く異なるので注意が必要です。
一番大きな違いは、レンタルオフィスは執務用のスペースを実際に借りるものであるのに対し、バーチャルオフィスサービスではそのようなスペースを契約して借りるわけではないということでしょう。バーチャルオフィスで借りられるのは住所と電話番号、ファックス番号など、情報をレンタルするサービスであり、そのためレンタルオフィスに比べると料金は破格の安さです。東京都内でも一か月千円を切るところさえ珍しくありません。
両者のこうした差を理解した上で、自分の事業にとってバーチャルオフィスで間に合うのか、それともレンタルオフィスが必要なのか、よく検討してみるといいでしょう。バーチャルオフィスに向いているのは、事業を営むのは基本的に自分一人で、顧客と会ったり自分の仕事をするにあたり、オフィシャルなスペースを必要としない場合です。バーチャルオフィスは、業者によりオプションサービスも色々あるので、情報収集して自分の事業に合うところを見つけましょう。

ハンドメイド作家にバーチャルオフィス利用のすすめ

ハンドメイド作家さんは、基本的に自宅を制作作業のために使っている人が多いでしょう。作品を販売するルートとしては、展示会やフリーマーケットの他に、オンラインという方法もあります。ところが、ハンドメイド作家さんがオンラインショップを運営する場合、特商法上の表記として事業主の住所をネットショップ上に公開しなければなりません。しかし、不特定多数の人に自宅の住所を公開するのは、セキュリティ上、大いに問題があるといえます。
そんな時に使えるのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスを使えば、実際に制作をしている自宅がどこであれ、レンタルした東京の住所を事業所住所の扱いにすることができます。会社登記を認めているバーチャルオフィスもありますので、事業の規模や必要性によっては会社登記するという選択肢もありでしょう。
東京のバーチャルオフィスを自分のビジネス上の住所として使うことには、ビジネスの信頼性を高めるという効果もあります。ハンドメイド作家として、趣味でやっているレベルを超えて、ビジネスの規模を大きくしていきたいとお考えなら、東京の住所を借りてビジネスらしい体裁を整えることから始めてみてはいかがでしょう。


起業をしようとお考えの方にバーチャルオフィス格安で提供しているナレッジソサエティをおすすめします。バーチャルオフィスはを格安で借りることができるのも、多くの方との交流の場を設けてくれるのも、ナレッジソサエティならではの魅力です。